[重要]在庫保管制限の見直しについて

FBA販売用商品としてアマゾン倉庫に納品・保管している手持ち在庫の「在庫回転率」が、定められている基準値(直近1ヵ月)を下回ったために、アマゾンから以下の内容のメールが届きました。(`・ω・´)


[重要]在庫保管制限の見直しについて

以下がメールの引用です。

本メールは10月31日時点でFBAの在庫が1,000点以上あり、10月の在庫回転率が4.0を下回る出品者様にお送りしています。

出品者様の現在の在庫回転率(前月の月間販売数×12÷在庫数)が在庫健全性の目安となる4.0を下回っているため、このまま在庫回転率が4.0を下回る場合、直近の販売実績に基づき在庫保管制限数の見直す可能性があります

 在庫保管制限についてのヘルプページ

 

一応確認のため、10月の販売数から回転率を計算したところ、

計算値としては「3.5」でした。

確かに「4.0」を下回っていたようです。

なので今回のこの連絡があったわけですね。

 

テクニカルサポートに問い合わせてみた

手っ取り早く「現状」を確認するために、

テクニカルサポートに問い合わせてみました。

 

で、問い合わせた結果ですが、

簡単にまとめると、

  • 現状(11/20時点)は在庫保管制限はない
    ⇒(納品・保管数に上限はなし)
  • 回転率「4.0」を下回り続ければ保管数に上限を設ける
    ⇒(その際の上限は5,000個)

ということでした。

 

で、このままの回転率で行けば、

当然ですが保管制限が設けられます。

その際の上限が保管数5,000個となるわけですが、

以降も回転率の評価は継続される為、

回転率「4.0」への回復・維持が出来なければ、

上限数が4,000、3,000と減っていくとのこと(数字は目安)

そしてあくまで「可能性の話」だそうです。

 

今後の対策

今後上限保管数が5,000個になったとしても、

僕の運用状況からは十分な数ではありますが、

回転率の維持(4.0)が出来なければ、

上限数が減ってしまう(かも)というのはやはり望ましくないので、

当面は回転率を意識した納品を考えなければいけないようですね。

 

すぐに出来る対策としては、

  • 短・中期で販売が見込める商品は今まで通りFBA
  • 長期化しそうな商品は自己発送

このように切り分けることですかね。

 

ですがやはり全ての商品をFBAで販売したいところです。

(FBAのメリットは最大限有効活用したいですからね)

 

となると、当面は保管期間が長期化しそうな商品については、

仕入れる際には出来るだけ精査しなければならないようです。

というわけで、以下のルールを設けることにしました。

  • 「利益率・額」が大きく期待できるものは長期でもOK
  • 「利益率・額」が中途半端で長期化しそうな商品はNG

 

薄利多売で回転率を上げる方法もあるのでしょうが、

愚行過ぎるのでこれは絶対にないですけど(笑)

 

ただ、現状の仕入れ基準の比重を、

回転寄りにする必要はありますね(不本意)

 

「在庫回転率」と「在庫保管制限の上限数」

過去1ヶ月の販売数 × 12 ÷ 在庫数 = 在庫回転率

例:300 × 12 ÷ 900 = 4.0(4.0を下回れば要チェック)

 

過去1ヶ月の販売数 × 12 ÷ 4.0 = 在庫保管制限の上限数

例:300 × 12 ÷ 4.0 = 900(実在庫が上回れば要チェック)

 

 

参考にしてみてください。

 

それでは、また次回に続きます!

今回もご覧頂きまして、どうもありがとうございました!
それではまた次回。(。・ω・)ノ゛

 

formi

 

▼ 当記事を応援して頂けると嬉しいです! ▼

 お役に立てましたら、応援クリックを頂けると嬉しいです。

▼ 当記事が役に立たなかった場合は・・・ ▼

 関連ブログから、お探しの情報が見つかるかもしれません。

▼ せどりに関する|悩み・相談・等々 ▼

 メールフォーム/お問い合わせ

コメントは受け付けていません。