出品しながら仕入れる方法

仕入れた商品をただ出品してしまうのは勿体ないです。その商品を「また」仕入れ可能だとしたら、やっぱり仕入れたいですよね?僕は仕入れた商品を出品するときに、いつも「ある場所」をチェックするようにしています。ここを「見る」「見ない」ではやっぱり変わってきますよ。(`・ω・´)


出品時にいつもチェックする「ある場所」

仕入れた商品の全てに対して、

「ある場所」を見るというわけではないのですが、

以下の商品であれば、毎度チェックすることにしています。

■ 未開封品

■ 新品カート価格が定価越え

上記に当てはまる商品を仕入れた場合、決まっていつもチェックしているのが、

アマゾンの「中古品」です。

 

チェックする理由

察しの良い方はもうお気付きかと思いますが、

「中古品」の中には「未開封品」が出品されていることがあるんですよね。

 

例えばこんな感じです。

650s

(画像クリックで拡大)

 

上記商品のように、中古品の中に未開封品が出品されていることがあるので、

自分が出品する商品で利益を期待できそうな状況であれば、

そこを狙う形でチェックするようにしています。

(とは言ってもあくまで「ついで」です)

 

条件が合えばもちろん仕入れます

上記商品は僕の仕入れ基準を満たしておりましたので、

バッチリ仕入れさせて頂きました。

lv

 

後でまとめて検索するのもあり

出品時にある程度の検索数は分かっているので、

少なければ出品のついでに見るようにしていますが、

20、30と検索数が多くなる時には、「検索君」を使って一気に調べています。

 

参考ツール「未開封検索君」

danbo

 

まとめ

「店舗で仕入れた商品を、仕入れてすぐに、

電脳せどりとしてアマゾンから仕入れる」

といった方法のご紹介でした。

 

ただ見るだけなので殆ど手間はないし、

「ついで」にはもってこいのお手軽仕入れ方法でもあります。

 

是非チャレンジしてみてください。

 

それでは、また次回に続きます!

今回もご覧頂きまして、どうもありがとうございました!
それではまた次回。(。・ω・)ノ゛

 

formi

 

▼ 当記事を応援して頂けると嬉しいです! ▼

 お役に立てましたら、応援クリックを頂けると嬉しいです。

▼ 当記事が役に立たなかった場合は・・・ ▼

 関連ブログから、お探しの情報が見つかるかもしれません。

▼ せどりに関する|悩み・相談・等々 ▼

 メールフォーム/お問い合わせ

コメントは受け付けていません。